コツと豆知識を完全網羅☆パスタ/スパゲティー攻略法

どうも、りょうです。
本日は、パスタ/スパゲティーの完全攻略法の紹介です。

割と身近な食材でありながら、「何となく」でつくって損してませんか?
今回は、パスタ調理でのコツや豆知識を時系列でまとめてみました。

それでは、早速観てみましょう。

コツと豆知識を完全網羅☆パスタ/スパゲティー攻略法

スポンサーリンク

コツと豆知識を完全網羅☆パスタ/スパゲティー攻略法

パスタの茹でる際の塩の量

パスタを茹でる際に入れる塩の量ですが、1%の濃度、つまり水1ℓに対して10g(小さじ2杯)を目安としてください。

パスタの茹で時間

パスタのパッケージに記載されている時間は、食べる時点での最適な時間です。
ソースなどをかけて完成する場合はそのままでかまいませんが、フライパンでソースを和える場合、また冷製の場合の茹で時間には調整が必要です。

フライパンでソースを和える場合

シンプルかつ絶品☆ピリ辛・アラビアータ-レシピ3

仕上げにフライパン上でソースと和えるパスタは茹で時間を1分短くします。
茹でた後に、フライパンで調理する際の時間を差し引く為です。
通常の茹で時間では、結果的に火が通り過ぎてしまいます。

冷製パスタの場合

ひんやりさっぱり☆たらことアスパラの冷製パスタ-レシピ2

冷製の場合は、パスタの茹で時間を1分長くします。
茹でた後冷水にさらすことで、麺が引き締まり程よい硬さになります。
通常の茹で時間では、結果的に硬めになってしまう為です。

茹で汁の効果

茹で汁は乳化(水分と油が混ざる状態)を促す作用があります。
つまり、油を使うソースがパスタに馴染みやすくなるんです。
また、パスタの原材料である小麦粉が溶け込んでいるので、とろみが付く効果もあります。

更にもう1つ。
茹で汁には「サポニン」という天然の界面活性剤が入っているので、食器の油汚れにも効果を発揮します。
普段、茹で汁を捨てている方、食器洗いに一度使ってみては?

茹でる時に入れる塩の効果

パスタを茹でる際には、塩を入れるのが定説です。
その理由について、少し掘り下げてみましょう。

パスタの水分を出す

理由は、「浸透圧作用が起こるのを防ぐ」です。

水分が塩分濃度が薄い方から濃い方へ移動する力を「浸透圧」と言います

浸透圧

きゅうりなどを塩もみし、しばらく置くと大量の水分が出ますよね。
あれは、外の塩分濃度を高めることで浸透圧が作用し、野菜内部から水分が出るのです。

塩を入れていない水で茹でたパスタにソースをかけてしまうと、浸透圧のバランスの為パスタの水分が出てきます。
結果として、ソースが水っぽくなってしまうのです。

これを防ぐため、事前にパスタの水分を抜く必要がある訳です。
やはり塩は必須ですね。

お勧めレシピ

それでは、いくつかパスタのお勧めレシピを紹介します。
以上のポイントを抑え、美味しいパスタ料理を作ってみてくださいね。

お勧めの商品

僕が実際によく使用するパスタを紹介します。

アルチェネロの有機デュラム小麦のセモリナのパスタ

アルチェネロ – 有機デュラム小麦のセモリナのパスタ

EUオーガニック・有機JAS認定商品。
無添加。

購入はこちらからどうぞ
↓↓↓
楽天市場 Amazon

アルチェネロはイタリア有数のオーガニックブランドです。
「セモリナ」というのは「荒挽き粉」のことで、小麦のふすまや胚芽などを含む外皮を一緒に粉砕してつくります。

そのため、小麦の風味と栄養が詰まっており、食感も独特。
固めのそば」を想像してもらえれば、イメージできるんじゃないでしょうか。
※独特の風味があるので、特に薄味の料理には相性が悪い場合があります。

最後に

豆知識を絡めてのパスタ/スパゲティー攻略法、いかがでしたでしょうか。
普段、なんとなくつくっていたあなたも、これらの知識があればたちまちプロ級!?

1つ1つは簡単なことなので、是非覚えてパスタの達人気取りしちゃいましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿はスパムと認識されますのでご注意ください。