昭和レトロ☆ほくほく・肉じゃが

どうも、りょうです。
今回は「ザ・昭和の日本食」である肉じゃがの紹介です。
どこか懐かしく、ホッとする優しい味です。

それでは、早速レシピを見てみましょう。

ほくほく・肉じゃが

スポンサーリンク

昭和レトロ☆ほくほく・肉じゃが

手間: ★★☆☆☆
時間: ★★★★☆
難易度:★☆☆☆☆

材料 (3人前)

豚こま肉 200g
じゃがいも 2個
にんじん 1/2本
玉ねぎ 1個
しらたき 50g
さやいんげん 5本
★しょうゆ 大さじ2
★みりん 大さじ2
★酒 大さじ1
★砂糖 大さじ1
★和風だし 小さじ1
★水 250cc
適量


※さやいんげんは、さやえんどうでも代用できます。
※使用する食材・調味料は、化学調味料を含む添加物が不使用、または極力少ない商品を使用しています。

レシピ

ほくほく・肉じゃが-レシピ1

豚こま肉を食べやすい大きさに切り、酒をよくもみ込んでおく。
じゃがいもは乱切りにして水に浸す。

鍋に油を敷き、玉ねぎ→肉→じゃがいもの順に入れ、軽く炒める。

ほくほく・肉じゃが-レシピ2

★の調味料を全てを入れ、にんじんも投入する。
10分ほど煮込んだら、一度アクを取り、さやいんげん・しらたきを入れ、更に5分~10分ほど煮込む。

ほくほく・肉じゃが-レシピ3

アクをしっかり取り、塩で味を締めたら、完成!!

※汁が多い場合は、煮立てて水分を飛ばし調節してください。

ポイント

事前に肉や野菜を炒めることで、素材の旨味が溶け切るのを防げます。
また、じゃがいもは型崩れを防止します。
ただし、にんじんは火が通りにくい為、あえて炒めず煮込んでじっくり火を通します。

豆知識

肉じゃがに入れる肉は、関西は牛肉関東は豚肉が主流のようです。
僕は生まれも育ちも関東なので、ずっと豚肉のイメージでした。

地域によって常識が違うことはよくあることですが、あえて自分の常識と違ったものにチャレンジすることで、料理の幅がまた広がるかもしれませんね。

最後に

昭和の食卓感溢れるジャパニーズトラディショナル、肉じゃがのレシピ紹介でした。
是非ノスタルジーに浸ってみてください。
じっくり煮込むことで、食材に調味料が沁み込みおいしくなり、同時に汁に食材のエキスが溶けだしうまみが出ます。

日本食は、調味料はシンプルで食材の味を引きだす傾向にありますね。
色々な調理法をすることで知識も増え、また料理の意欲が湧きます。

料理は楽しい!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿はスパムと認識されますのでご注意ください。