失敗しない☆ジューシー&とろとろ・豚の角煮

どうも、りょうです。
本日は、失敗しない豚の角煮のレシピ紹介です。

つくったことのない方には敷居が高いイメージ、またつくったことのある方は「パサパサになる」・「硬くなる」などの経験がありませんか?
今回の手順を丁寧になぞれば、誰でも柔らかくとろっとろに仕上がりますよ。

それでは、早速レシピを見てみましょう。

失敗しない☆ジューシー&とろとろ・豚の角煮

スポンサーリンク

失敗しない☆ジューシー&とろとろ・豚の角煮

手間: ★★★☆☆
時間: ★★★★★
難易度:★★★★☆

材料 (3人前)

豚バラ固まり 500g
片栗粉 (下処理用) 大さじ3
長ねぎ(青い部分) 1本分
★水 300cc
★酒 大さじ3
★砂糖 大さじ1
★みりん 大さじ2
しょうゆ 大さじ4
しょうが 2片
片栗粉 大さじ1
白髪ねぎ 適量



※使用する食材・調味料は、化学調味料を含む添加物を一切使用していません。

レシピ

失敗しない☆ジューシー&とろとろ・豚の角煮-レシピ1

豚ばら固まり肉を5㎝角ほどに切り、片栗粉をまんべんなくかける。
フライパンに油を敷き、豚ばら肉の表面をまんべんなく、焼き色がつくまで焼く。 ←※1

失敗しない☆ジューシー&とろとろ・豚の角煮-レシピ2

鍋に豚ばら肉・長ねぎ・水(分量外)を入れ強火にかける。
ふつふつとしてきたら弱火にし、1時間下茹でする。 ←※2
しょうがをすりおろしておく。

失敗しない☆ジューシー&とろとろ・豚の角煮-レシピ3

別の鍋に★の調味料と豚バラを入れ、強火にかける。
ふつふつとしてきたら弱火にし、しょうゆとしょうがを加える。
落し蓋をして40分程煮る。 ←※3
※目安として、肉が半分に漬かる位に煮汁が減るまで。

失敗しない☆ジューシー&とろとろ・豚の角煮-レシピ4

水溶き片栗でとろみをつけたら、火を止める。
熱が冷めるまでそのままにして、じっくりタレを肉に染み込ませる。

完成!
白髪ネギを乗せ、お好みでからしと一緒にどうぞ。


ポイント

茹でる前に表面を焼く (※1)

肉の表面にまんべんなく焼き色をつけることにより、肉の旨味が逃げるのを防ぎます。
また、片栗粉まぶして焼くことにより、肉汁を閉じ込め、結果ジューシーに仕上がるのです。

※この時点で、肉の内部にまで火を入れる必要はありません。

下茹ではしっかりと (※2)

下茹では時間がかかりますが、ほろほろで旨みの詰まった角煮に仕上げる、重要な工程です。
余分な脂をしっかりと取り除きましょう。
また、弱火でじっくり煮込むことで、硬い筋がゼラチン質に変わり、とろっとした脂身が出てきて旨みが増します。

※肉は空気に触れると硬くなってしまうので、常に肉がお湯に浸っている状態をキープしてください。

落し蓋は必須 (※3)

タレと肉を煮込むときは、必ず落し蓋をしてください。
上記の下茹で時での注意と同じですが、肉は空気に触れると硬くなってしまうので、タレから出ている肉が硬くならないよう、常に蒸気にさらしている状態にする必要があります。

最後に

失敗しない、とろとろの豚角煮レシピ、どうでしたでしょうか。
いくつかの重要なポイントはありますが、それらをしっかりなぞってつくれば、誰にでも絶品豚角煮ができます。

茹で時間が長いですが、手間自体は大してかかりません。
なにかの片手間で、本格的な豚の角煮を是非。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿はスパムと認識されますのでご注意ください。