磯の旨みたっぷり☆あさりのバター醤油パスタ

どうも、りょうです。
本日は、磯の香りとバター醤油が絡み合う、和風パスタのレシピ紹介です。
あさりの旨味が濃縮した、味わいのある料理です。

それでは早速、レシピを見てみましょう。

磯の旨みたっぷり☆あさりのバター醤油パスタ

スポンサーリンク

磯の旨みたっぷり☆あさりのバター醤油パスタ

手間: ★★★☆☆
時間: ★★★☆☆
難易度:★★☆☆☆

材料 (2人前)

あさり 300g
(砂抜き用) 小さじ2
パスタ 200g
(茹でる用) 小さじ2
にんにく 1片
万能ねぎ 適量
バター 10g
輪切り唐辛子 1本分
しょうゆ 小さじ2
みりん こさじ2
★塩こしょう 適量
★酒 大さじ2
★和風だしの素 小さじ1
★パスタの茹で汁 60ml
バター (仕上げ用) 10g



※使用する食材・調味料は、化学調味料を含む添加物を一切使用していません。


レシピ

磯の旨みたっぷり☆あさりのバター醤油パスタ-レシピ1

あさりの砂抜きをする。
にんにくはみじん切り、万能ねぎは5mmくらいに切っておく。

パスタを茹でる
パスタの茹で時間は、パッケージに書いてある説明より1分短くする。

フライパンにバターを入れ熱し、溶けたらにんにくと唐辛子を入れ炒める。
香りが立ったらあさりを入れ、みりんとしょうゆを回しかけふたをする。


磯の旨みたっぷり☆あさりのバター醤油パスタ-レシピ2

5分程立ちあさりの口が開いたら、★の調味料を全て入れ、ひと煮立ちしたらパスタを入れ混ぜる。
バターを再度入れ混ぜたらお皿に盛りつけ、万能ねぎを乗せたら完成!!

ポイント

あさりの砂抜き

あさりは、調理前に必ず砂抜きをしてください。
塩水を使った塩抜きが一般的ですが、このレシピではより時間を使わず出来る、お湯を使った砂抜きの紹介です。

あさりの砂抜き

50℃のお湯を用意し、塩を1人前に対して小さじ1を目安に入れ混ぜます。
※沸騰したお湯に対し1:1で水を足すと簡単です。

あさり同士を擦り合せるようにして洗ったら、ひたひたになる程度にお湯に浸します。
そのまま10分~15分放置し、あさりが半開き状態になったのを確認出来ればOK。
※お湯の汚れがひどい場合は、途中でお湯を入れ替えてください。

またこの方法だと、調理加熱しても身が縮まりにくく、プリッとした食感に仕上がります。

パスタの茹で時間

パスタのパッケージに記載されている時間は、食べる時点での最適な時間です。
パスタの茹で時間を少なくしたのは、後にフライパンでソースと絡める際の時間を差し引く為です。

バターの2度入れ

バターは、まず油の代わりに敷く用、また仕上げ用の2回に分けて使います。
仕上げにまた入れることで、風味が強まり香り豊かに仕上がります。

豆知識

茹で汁は乳化(水分と油が混ざる状態)を促す作用があります。つまり、油を使うソースがパスタに馴染みやすくなるんです。
これは、「サポニン」という天然の界面活性剤が入っているのが理由なので、食器の油汚れにも効果を発揮します。
また、パスタの原材料である小麦粉が溶け込んでいるので、とろみが付く効果もあります。

普段、茹で汁を捨てている方、つくったパスタの食器洗いに一度使ってみては?


最後に

磯の香りをダイレクトに楽しめるパスタ、どうでしたでしょうか。
あさりの砂抜きはひと手間かかりますが、今回のお湯を使った方法だと時間短縮にもなり、そこまでの手間にはなりません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿はスパムと認識されますのでご注意ください。