クリーミー☆アボカドとツナの冷製クリームパスタ

どうも、りょうです。
本日は、生クリームを使わない、それでいてクリーミーな冷製パスタのレシピ紹介です。
クリーミーと言ってもしつこさはなく、暑い夏にもお勧めな一品。

それでは、早速レシピを見てみましょう。

クリーミー☆アボカドとツナの冷製クリームパスタ

スポンサーリンク

クリーミー☆アボカドとツナの冷製クリームパスタ

手間: ★★☆☆☆
時間: ★☆☆☆☆
難易度:★★☆☆☆

材料 (2人前)

パスタ 200g
アボカド 1個
ツナ缶 1缶
★マヨネーズ 大さじ4
★牛乳 大さじ3
★オリーブオイル 小さじ2
★塩 適量
★黒こしょう 適量
★レモン 小さじ2
パスタの茹で汁 50cc


無添加食材

実際使用したパスタを紹介します。

アルチェネロの有機デュラム小麦のセモリナのスパゲッティ

アルチェネロ – 有機デュラム小麦のセモリナのスパゲッティ

アルチェネロはイタリア有数のオーガニックブランドです。
「セモリナ」というのは「荒挽き粉」のことで、小麦のふすまや胚芽などを含む外皮を一緒に粉砕してつくります。
そのため、小麦の風味と栄養が詰まっており、食感も独特。
固めのそば」を想像してもらえれば、イメージできるんじゃないでしょうか。
好みは分かれるかと思いますが、僕は好きです、これ。
EUオーガニック・有機JAS認定商品。
無添加。

購入はこちらからどうぞ
↓↓↓
楽天市場 Amazon

※使用する食材・調味料は、化学調味料を含む添加物が不使用、または極力少ない商品を使用しています。

レシピ

クリーミー☆アボカドとツナの冷製クリームパスタ-レシピ1

パスタを、表示の時間より1分長く茹でる。

アボカドを食べやすい大きさに切り、ツナ缶の油を切る。
アボガド・ツナ缶と★の調味料と合わせ、よく混ぜる。

クリーミー☆アボカドとツナの冷製クリームパスタ-レシピ2

パスタが茹であがったらすぐに氷水にさらす。
茹で汁をソースに入れ、混ぜる。

パスタの水をよく切り、つくったソースをかければ、完成!!

ポイント

冷製パスタは長めに茹でる

冷製パスタの場合、パスタの茹で時間を1分程長くします。
茹でた後冷水にさらすことで、麺が引き締まります。
通常の茹で時間では、結果的に硬めになってしまう為です。

ソースは乳化させる

クリーミー☆アボカドとツナの冷製クリームパスタ-レシピ3
ソースは、オリーブオイルが見えなくなるまで混ぜます(乳化)。
ソースを乳化させることにより、舌触りがよくクリーミーに仕上がります。

また、よく混ぜることによりアボカドが適度に溶け、渾然一体となったソースが出来上がるのです。

豆知識

乳化とは

水と油のように本来混ざらないものが混ざる現象を「乳化」と言います。
一時的に混ざっても時間が立てば分離してしまうのですが、乳化した状態を保ちたい場合は、水と油を結び付けておく材料を加えます。
今回の場合は、マヨネーズの原料の1つである卵がその役目を果たします。

乳化は、食品以外にも多くの用途に使われています。

最後に

清涼感のある冷製クリームパスタ、いかがでしたでしょうか。
生クリームを使わなくても、乳化させることにより十分にクリーミーになります。
使う食材・調味料の種類は少ないので、気軽につくれる料理ですね。

ひと手間かけて、美味しい料理をつくりましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿はスパムと認識されますのでご注意ください。