昔ながらの喫茶店の味☆昭和レトロ・ナポリタン

どうも、りょうです。
本日は、懐かしい喫茶店の味、昔ながらのナポリタンのレシピを紹介します。
スタンダードなパスタですね。
それでは早速レシピを見てみましょう。
昔ながらの喫茶店の味☆昭和レトロ・ナポリタン

スポンサーリンク

昔ながらの喫茶店の味☆昭和レトロ・ナポリタン

手間: ★★☆☆☆
時間: ★★☆☆☆
難易度:★★☆☆☆

材料 (1人前)

パスタ 100g
オリーブオイル 適量
玉ねぎ 1/4個
ピーマン 1個
ベーコン 30g
★ケチャップ 大さじ4
★ウスターソース 小さじ2
★しょうゆ 小さじ1
★牛乳 大さじ3
★砂糖 ひとつまみ
★コンソメ 小さじ1
塩・こしょう 適量
パスタの茹で汁 30ml


無添加食材

実際使用したパスタを紹介します。

アルチェネロの有機デュラム小麦のセモリナのスパゲッティ

アルチェネロ – 有機デュラム小麦のセモリナのスパゲッティ

アルチェネロはイタリア有数のオーガニックブランドです。
「セモリナ」というのは「荒挽き粉」のことで、小麦のふすまや胚芽などを含む外皮を一緒に粉砕してつくります。
そのため、小麦の風味と栄養が詰まっており、食感も独特。
固めのそば」を想像してもらえれば、イメージできるんじゃないでしょうか。
好みは分かれるかと思いますが、僕は好きです、これ。
EUオーガニック・有機JAS認定商品。
無添加。

購入はこちらからどうぞ
↓↓↓
楽天市場 Amazon

※使用する食材・調味料は、化学調味料を含む添加物が不使用、または極力少ない商品を使用しています。

レシピ

昔ながらの喫茶店の味☆昭和レトロ・ナポリタン-レシピ1

パスタを茹でる。
パスタの茹で時間は、パッケージに書いてある説明より1分短くする。

その間に、フライパンにオリーブオイルを敷き、玉ねぎ→ピーマン→ベーコンの順に入れ、炒める。
ここで一度火を止め、パスタが茹であがるのを待つ。

昔ながらの喫茶店の味☆昭和レトロ・ナポリタン-レシピ2

★の調味料を合わせ、ソースをつくる。
パスタが茹だったら、ザルにあける。その際、茹で汁を少し取っておくように。

フライパンにソースを投入し、煮立たせる。

昔ながらの喫茶店の味☆昭和レトロ・ナポリタン-レシピ3

白みがかっていたソースが赤く変わったら、茹で汁を入れ、湯切りしたパスタを入れる。
コンソメ・塩・こしょうを入れ手早く和えたら、完成!!

お好みで、粉チーズ・タバスコをかけてどうぞ。

ポイント

パスタの茹で時間

パスタのパッケージに記載されている時間は、食べる時点での最適な時間です。
パスタの茹で時間を少なくしたのは、後にフライパンでソースと絡める際の時間を差し引く為です。

豆知識

茹で汁は乳化(水分と油が混ざる状態)を促す作用があります。つまり、油を使うソースがパスタに馴染みやすくなるんです。
これは、「サポニン」という天然の界面活性剤が入っているのが理由なので、食器の油汚れにも効果を発揮します。
また、パスタの原材料である小麦粉が溶け込んでいるので、とろみが付く効果もあります。

普段、茹で汁を捨てている方、つくったパスタの食器洗いに一度使ってみては?

最後に

今回は、昔懐かしのレシピ紹介でした。
昭和生まれの方は、なんかグッと来るんじゃないですかね、こういう風情のある料理。

「オシャレ」というよりは、どことなく懐かしい洋食屋のレシピ。
今後も少しづつ挑戦していきます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿はスパムと認識されますのでご注意ください。