アレンジ自在☆簡単お手軽・ポークピカタ

どうも、りょうです。
本日は、お手軽につくれる洋食メインディッシュ、ポークピカタのレシピ紹介です。
少ない具材で簡単につくれ、アレンジも無限大です。
それでは、早速レシピを見てみましょう。

アレンジ自在☆簡単お手軽・ポークピカタ

スポンサーリンク

アレンジ自在☆簡単お手軽・ポークピカタ

手間: ★★☆☆☆
時間: ★★☆☆☆
難易度:★★☆☆☆

材料 (2人前)

豚モモ肉 200g
塩・こしょう (肉下味用) 適量
小さじ2
1個
小麦粉 大さじ1
塩・こしょう 適量
バター 10g
★ケチャップ 大さじ2
★ウスターソース 大さじ1
★しょうゆ 小さじ1
レタス 2枚
パセリ 適量



※使用する食材・調味料は、化学調味料を含む添加物が不使用、または極力少ない商品を使用しています。


レシピ

アレンジ自在☆簡単お手軽・ポークピカタ-レシピ1

豚肉に塩・こしょう・酒をかけ、よく馴染ませておく。

卵を溶き、塩・こしょう・片栗粉を入れ、ダマがなくなるまでよく混ぜる。

豚肉を2枚ほどづつ合わせ、食べやすい大きさに形作る。


アレンジ自在☆簡単お手軽・ポークピカタ-レシピ2

フライパンにバターを敷き、豚肉を卵液に絡ませ、敷き詰める。
片面がキツネ色に焼けたら裏返し、蓋をし蒸し焼きにする。

肉に火が通ったら、更にレタスなどを敷き、盛り付ける。
つくったソースとパセリをかけたら、完成!

ポイント

ソースをマイルドに仕上げたい場合

ケチャップの酸味が尖って強く感じる場合は、面倒でも軽く火を通してみてください。
酸味がまろやかになり、丸みのある旨味だけが残りマイルドなソースになります。

豆知識

ピカタとは

ピカタはピッカータとも言われ、元々はイタリア料理のひとつ。
薄切り肉を小麦粉・卵を付けソテーして焼いたもの。

ピカタ(piccata)は「槍で一突き」という意味で、薄い肉なのでフォークで刺して裏返すだけで焼きあがる、という理由から名付けられたそうです。

豚肉、牛肉、鶏肉以外にも、白身魚などを用いるピカタもあります。
味の付け方どころか、メインの食材まで変えてもピカタはピカタ。
ここまでアレンジが無限な料理も、なかなか珍しいんじゃないでしょうか。

アレンジ

今回は豚のモモ肉を使ったピカタですが、それでもアレンジは無限。

タレをオーロラソースやトマトソースにして味付けを変える。
肉の間に大葉を入れ、しょうゆ・みりんのつけダレを添えて和風に。
バターの代わりにオリーブオイルとにんにくスライスを使い、シンプルに塩・こしょうで味つけをすれば香ばしいガーリックテイスト。
肉の間にとろけるチーズを入れるのもいいですね。
ただしチーズを入れる場合は、しっかり肉で包んでおかないと焼く時にチーズが漏れ出てしまうのでご注意を!

最後に

とにかく簡単・アレンジ自在のピカタ、いかがでしたでしょうか。
使う食材自体が少ないので、お手軽につくれます。
肉の種類は勿論、ソースなども自分の好みにあったものを探してみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です