ひんやり濃厚☆ビシソワーズ(冷製じゃがいもスープ)

どうも、りょうです。
本日は、冷製のじゃがいもスープ、ビシソワーズ(ヴィシソワーズ)のレシピ紹介です。
濃厚でクリーミー、でも冷たいスープなのでサラッといただけます。
では早速レシピを見てみましょう。

ひんやり濃厚☆ヴィシソワーズ(冷製じゃがいもスープ)

スポンサーリンク

ひんやり濃厚☆ビシソワーズ(冷製じゃがいもスープ)

手間: ★☆☆☆☆
時間: ★★☆☆☆
難易度:★☆☆☆☆

材料 (3人前)

じゃがいも 2個
玉ねぎ 1個
バター 10g
200cc
牛乳 400cc
コンソメ 小さじ2
適量
こしょう 適量
パセリ 適量


※使用する食材・調味料は、化学調味料を含む添加物が不使用、または極力少ない商品を使用しています。

レシピ

ひんやり濃厚☆ヴィシソワーズ(冷製じゃがいもスープ)-レシピ1

じゃがいもは皮を剥き、小さめに切る。
玉ねぎを薄くスライスする。

フライパンにバターを敷き、玉ねぎが透明になるまで炒める。

ひんやり濃厚☆ヴィシソワーズ(冷製じゃがいもスープ)-レシピ2

鍋に水とじゃがいもを入れ、柔らかくなるまで煮る。

じゃがいもが柔らかくなったら、玉ねぎ・牛乳・コンソメを入れ、煮込む。

塩・こしょうを入れ、混ぜたらミキサーにかける。

よく冷やし、パセリをかけたら、完成!!

ポイント

コンソメ自体に塩分が含まれているので、仕上げの塩を入れ過ぎないよう注意してください。

冷製スープとしての紹介ですが、もちろん温めてもおいしくいただけます。
ちなみに、温かい状態より冷たい方が味が濃く感じます。
塩加減の調節は微調整してくださいね。

豆知識

ビシソワーズは、フランス語で「ビシー風の」という意味で、じゃがいもを使った冷製クリームスープです。
考案したシェフがフランスのビシー地方出身なことが由来だそうです。

最後に

この滑らかでクリーミーな食感、癖になります。
使う食材も少なく、片手間でつくれる料理ですね。

食欲のない夏にピッタリの冷製スープ、ビシソワーズの紹介でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿はスパムと認識されますのでご注意ください。