とろ~りふわふわ☆絶品・天津飯

どうも、りょうです。
本日は昭和の中華料理屋さんの王道、天津飯のレシピ紹介です。
ふわふわの卵に、酸味のあるとろとろの餡がたまりません。
使う調味料は多めですが、比較的簡単に出来る料理です。
早速レシピを見てみましょう。

とろ~りふわふわ☆絶品・天津飯

スポンサーリンク

とろ~りふわふわ☆絶品・天津飯

手間: ★★☆☆☆
時間: ★★☆☆☆
難易度:★★☆☆☆

材料 (1人前)

ご飯 1人前
☆玉子 2個
☆牛乳 小さじ2
☆片栗粉(卵用) 小さじ1/2
☆しいたけ 1枚
☆たけのこ水煮 10g
かにかまぼこ 1本
★水 80cc
★しょうが 1/2片
★しょうゆ 小さじ2
★砂糖 小さじ1/2
★オイスターソース 小さじ1
★みりん 小さじ1/2
★酢 小さじ1/2
★酒 小さじ1/2
★ガラスープ 小さじ1/2
★片栗粉 小さじ1
グリーンピース 適量


※使用する食材・調味料は、化学調味料を含む添加物が不使用、または極力少ない商品を使用しています。

レシピ

とろ~りふわふわ☆絶品・天津飯-レシピ1

かにかまぼこを2~3等分し、手でほぐしておく。
★の調味料とかまぼこを全て鍋に入れ、よく混ぜながら火にかける。

ひと煮立ちしたら餡の出来上がり。

とろ~りふわふわ☆絶品・天津飯-レシピ2

しいたけを細切りし、☆の全ての材料を合わせ、よく混ぜる。
フライパンに油を敷き、☆を入れる。
箸で渦巻きを描くように、卵を混ぜる。
両面焼いたらご飯に乗せ、餡をかける。

グリーンピースを乗せて、完成!!

ポイント

餡には最初から片栗粉を入れているので、よく混ぜながら火を入れてください。
卵は、片栗粉と牛乳を入れることでふわふわの食感になります。

豆知識

天津飯は、実は日本発祥の中華料理です。
中国には、これに相当する料理がありません。
中華料理に芙蓉蟹(フーヨーハイ)という料理があります。
芙蓉蟹は日本で言うカニ玉で、これが天津飯の元であると言われています。
日本に入ってきてから独自の進化を遂げた中華料理なんですね。

最後に

昭和生まれの方は特に、なにかノスタルジーを感じずにいられないであろう、天津飯のレシピ紹介でした。
今回、お酢を少量入れましたが、酸味が苦手な方はお酢を抜いてつくってください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿はスパムと認識されますのでご注意ください。