ピリ辛の肉味噌で☆ジャージャー麺(炸醤麺)

どうも、りょうです。
本日は、ピリ辛の肉味噌が食欲をそそる、ジャージャー麺(炸醤麺)の紹介です。
中華味噌、甜麺醤(テンメンジャン)と挽肉の相性は抜群!

それでは、早速レシピを見てみましょう。

ピリ辛の肉味噌で☆ジャージャー麺(炸醤麺)

おっと・・・ちょっとこれだと麺が全く見えなくて分りづらいですね。
ちゃんと麺も下にありますよ。
ピリ辛の肉味噌で☆ジャージャー麺(炸醤麺)2

スポンサーリンク

ピリ辛の肉味噌で☆ジャージャー麺(炸醤麺)

手間: ★★★☆☆
時間: ★★☆☆☆
難易度:★★☆☆☆

材料 (2人前)

しいたけ 2枚
たけのこ水煮 30g
にんにく 1片
きゅうり 1本
ごま油 適量
豆板醤(トウバンジャン) 小さじ1
豚ひき肉 120g
中華麺 2玉
★塩・こしょう 適量
★甜麺醤(テンメンジャン) 大さじ2
★しょうゆ 小さじ1
★酒 大さじ1
★水 100cc
★ガラスープ 小さじ2
片栗粉 大さじ1
ラー油 適量



※使用する食材・調味料は、化学調味料を含む添加物が不使用、または極力少ない商品を使用しています。


レシピ

ジャージャー麺(炸醤麺)-レシピ1

しいたけとたけのこを細かく切る。
きゅうりは細切りにする。

にんにくをすりおろしておく。



ジャージャー麺(炸醤麺)-レシピ2

鍋にごま油を敷き、にんにくと豆板醤を入れ、香りが立つまで炒める。
ひき肉を入れ、色が変わるまで炒める。

麺を茹でる。

ジャージャー麺(炸醤麺)-レシピ3

しいたけとたけのこを入れ、軽く
★の調味料を全て入れ、ひと煮立ちしたら水に溶いた片栗粉を入れ混ぜ、ラー油をひと回し入れる。

麺が茹ったらざるに上げ、水でざっと洗いよく水気を切る。
ごま油をひと回しかけ、絡める。

出来上がったあんをかけ、きゅうりを添えたら、完成!!

ポイント

麺はごま油でコーティングを

中華麺をスープ無しで調理する場合には、必ずぬめりを取った後、ごま油を絡めます。
それにより、麺がくっつくのを防ぎます。

※市販の「冷し中華用」などの麺であれば、最初から油が塗られているので、この作業は必要ありません。

豆知識

ジャージャー麺(炸醤麺)

ジャージャー麺は、中国の家庭料理。
日本では甘辛の味付けが定番ですが、本場は本来塩辛い味付けでした。
また麺も太めで平たい麺が使用されます。

岩手の名物のひとつ「盛岡じゃじゃ麺」は、日本で知られている「ジャージャー麺とは」違い、本場のジャージャー麺に近いものです。

最後に

甘辛の肉味噌が食欲をそそるジャージャー麺、いかがでしたでしょうか。
辛目が好きな方は、豆板醤やラー油の量を増やしてください。
ただし、豆板醤の量を増やす場合は塩分も増えてしまうので、その分塩の量を減らしてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿はスパムと認識されますのでご注意ください。