洋食屋の味☆デミグラスハンバーグ

どうも、りょうです。
本日は、洋食屋の味、デミグラスハンバーグのレシピ紹介です。
洋食の王道メニュー、ここにあり。
デミグラスソースも勿論手作りで。
それでは早速、レシピを見てみましょう。

洋食屋の味☆デミグラスハンバーグ

スポンサーリンク

洋食屋の味☆デミグラスハンバーグ

手間: ★★★☆☆
時間: ★★★☆☆
難易度:★★★☆☆

材料 (3人前)

合い挽き肉 (牛:豚=7:3) 400g
玉ねぎ (中) 1/2個
1個
食パン (8枚切り) 1枚
牛乳 大さじ3
ナツメグ ひとつまみ
適量
黒こしょう 適量
オリーブオイル 大さじ1
バター 5g
★ウスターソース 大さじ2
★しょうゆ 小さじ1
★ケチャップ 大さじ3
★赤ワイン 50cc


※使用する食材・調味料は、化学調味料を含む添加物が不使用、または極力少ない商品を使用しています。

レシピ

洋食屋の味☆デミグラスハンバーグ-レシピ1

玉ねぎをみじん切りにする。
食パンの耳を取り牛乳をかけ、ふやかせておく。

挽肉に玉ねぎを入れ、塩を振る。
卵・食パンを入れナツメグを振りかけ、粘り気が出るまでよく混ぜる。

洋食屋の味☆デミグラスハンバーグ-レシピ2

小判形に成型し、黒こしょうを振る。
フライパンにオリーブオイルを敷き、タネを入れて強火~中火で焼く。

洋食屋の味☆デミグラスハンバーグ-レシピ3

焼き色がついたら裏返し、蓋をして弱火で蒸し焼きにする。
肉に火が通ったら取り出し、そのままフライパンにバターを入れ、溶けたら★の調味料を入れ煮詰める。

ソースを肉にかけたら、完成!!

ポイント

タネはとにかく、よく練ってください。
粘りが出るまで練ることにより、肉汁が閉じ込められやすくなり、また肉が結着しやすくなります。

肉は、まずは片面を一気に焼き裏面はじっくり蒸し焼きにして火を通します。
片面を一気に焼くことで表面の香ばしさをつくり、また同時に煮崩れしにくくなります。

肉を焼いた後そのままフライパンを使ってソースをつくることにより、残った肉汁を利用し、肉の旨味をソースに加えることが出来ます。

ちなみにハンバーグは、基本的にはパン粉を使いますが、常用していない方を考慮し、今回は食パンと牛乳で代用しました。

豆知識

ハンバーグに使う挽肉の牛・豚の比率は、一般的には7:3が黄金比だと言われています。
実際スーパーなどで売られている合挽き肉も、大体7:3のようです。

牛だけだと脂分が足りず、パサッとした食感になりがちです。
※霜降り牛など、特に脂の多い種類・部位を使えばその限りではありません。
そこで豚肉を混ぜることでサラッとした脂分が足され、よりジューシーに、ふっくらと仕上がります。

ちなみに鶏肉を混ぜると、味としては淡白ですが、低カロリーでさっぱりヘルシーになります。

使う肉の部位によってもかなり味や脂分が変わってくるので、お好みの部位・比率を探してみるのもアリですね。

アレンジ

タネにとろけるチーズを入れて焼けば、とろーりチーズインハンバーグの出来上がり。
より濃厚、かつまろやかな豪華ハンバーグに早変わりです。

最後に

洋食の王様ハンバーグ、いかがでしたでしょうか。
ソースの味を変えればバリエーションが増えますね。

近々、豚と鶏の合挽きを使った、ヘルシー志向のハンバーグレシピもつくろうと思っています。
そちらもお楽しみに!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿はスパムと認識されますのでご注意ください。