ルーも水も使わない☆まろやかドライカレー

どうも、りょうです。
今回は、ルーを使わないのは勿論、水を一切使わずつくるドライカレーの紹介です。

まろやかドライカレー

スポンサーリンク

ルーも水も使わない☆まろやかドライカレー

手間: ★★★☆☆
時間: ★★★★☆
難易度:★★★☆☆

材料 (4人前)

豚または鶏挽肉 400g
にんじん 1/2個
玉ねぎ 1個
ピーマン 3個
トマト缶(400g) 1缶
しょうが 1片
バター 20g
★カレー粉 大さじ2
★しょうゆ 小さじ1
★ウスターソース 小さじ2
★ケチャップ 小さじ2
★コンソメ 小さじ2
★赤ワイン 大さじ2
★ブラックチョコレート 10g
★コーヒー 小さじ1


※使用する食材・調味料は、化学調味料を含む添加物が不使用、または極力少ない商品を使用しています。

レシピ

まろやかドライカレー-レシピ1

にんじん・ピーマンをみじん切りにする。
フライパンにバターを乗せ、しょうがを入れ軽く炒める。
玉ねぎを入れ、しんなりとし甘みが出るまでじっくり炒める。
※飴色になるまで炒めると尚良い。

関連記事 【時間短縮☆あめ色玉ねぎを10分でつくる方法】

まろやかドライカレー-レシピ2

挽き肉を入れ、塩・こしょうを振り炒める。
肉に軽く火が通ったら、みじん切りにした野菜を入れ、軽く炒める。
トマト缶と★の調味料を入れ、蓋をし中火で15分ほど煮込む。

まろやかドライカレー-レシピ3

水分が多いようなら蓋を開けて更に煮込み、水分を飛ばす。

完成!!

お好みでゆで玉子を乗せてどうぞ。

ポイント

水を全く使わず、肉のうまみと野菜のエキスがギュッと濃縮するので、とても美味しくなります。
具材は、まとめてミキサーやフードプロセッサーで細かくすると、作業工程がかなり楽ですね。
ブラックチョコレートとコーヒーは隠し味です。
苦みと甘みを加えることで、コクが出ます。

りんごや茄子、きのこなどを入れることで、より味に深みが増します。

豆知識

「ドライカレー」と「キーマカレー」の違い

「キーマカレー」は、インド料理が発祥で、マトンや鶏の挽肉を使ったカレーです。
宗教上の理由から、牛や豚の挽肉は基本的に使いません。
特に水分量に決まりはないようです。

「ドライカレー」は、日本の家庭料理から生まれた、汁気の少ないカレー全般を指す呼称です。

簡単に言うと、発祥の違いみたいですね。

カレーは寝かすと旨くなる?

カレーは「一晩寝かすと旨くなる」と言われていますが、その理由は以下です。
・具材のエキスが溶け込む。
・ソースが具材に浸み込む。
・具材のエキスが絡み合い熟成し、コクが生まれる。

ただし、スパイスを大量に使うカレーの場合は別です。
スパイスは、熱を加え過ぎたり寝かせることで香りが飛んでしまうので、食べる直前に入れるようにしてください。

最後に

以上、水を使わない野菜の旨味がギュッと詰まったドライカレーのレシピ紹介でした。

辛党の方は、チリペッパーなどで辛さを調節してください。
激辛党は、ハバネロペッパーがいいと思います。ただしハバネロは独特の香りがあるので、入れ過ぎには注意を。味のバランスが崩れます。(体験済み 笑)

カレーは沢山の種類があるので、今後はちょっと変わり種や、スパイスを沢山つかったものにも挑戦してみたいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿はスパムと認識されますのでご注意ください。