定番☆コクと甘みの回鍋肉(ホイコーロー)

どうも、りょうです。
本日は中華の定番、回鍋肉(ホイコーロー)のレシピ紹介です。
豚バラ肉の旨味に甘味噌のコクと甘みのハーモニーが堪りません。
豚バラは、最初に軽く湯通しして余分な油を取るので、ヘルシーに頂けます。
早速レシピを見てみましょう。

定番☆コクと甘みの回鍋肉(ホイコーロー)

スポンサーリンク

定番☆コクと甘みの回鍋肉(ホイコーロー)

手間: ★★★☆☆
時間: ★★★☆☆
難易度:★★★☆☆

材料 (2人前)

豚バラ肉 150g
キャベツ 1/4個
ピーマン 2個
長ネギ 1/3本
ごま油 適量
★にんにく 1片
★しょうが 1片
★オイスターソース 小さじ2
★豆板醤 小さじ1
★甜麺醤 大さじ1
★酒 大さじ1
★ガラスープ 大さじ1
★こしょう 適量
★片栗粉 小さじ1
★水 小さじ1


※使用する食材・調味料は、化学調味料を含む添加物が不使用、または極力少ない商品を使用しています。

レシピ

定番☆コクと甘みの回鍋肉(ホイコーロー)-レシピ1

豚バラ肉は食べやすい大きさに切り、軽く湯通しする。
※この時点では赤い部分が残っているくらいでOK。
ピーマンは細切り、キャベツとねぎは食べやすい大きさに切る。
にんにく・しょうがはすりおろし、★の調味料を合わせておく。

鍋にごま油を敷き、豚バラ肉と全ての野菜を入れ、炒める。

定番☆コクと甘みの回鍋肉(ホイコーロー)-レシピ2

火が通ったら、合わせておいた調味料を入れ、絡める。

完成!!

ポイント

豚バラ肉は、特に脂身の多い部位です。
軽く湯通しすることで、余分な脂身が抜けます。
この時点で完璧に火を通してしまうと、肉が硬くなってしまうので、赤い部分が残る程度ですぐに引き上げるようにしてください。

野菜をシャキシャキの状態で仕上げるには、以下の2点に注意してください。
・野菜の水切りをしっかりする
強火・短時間で一気に炒める

炒める時間が長いと、野菜に火が通り過ぎてシナシナになってしまうので、強火で一気に炒めてください。

アレンジ

豚バラ肉は、こま肉でも代用できます。
特に脂身が多くなければ湯通しはせず、まずは肉だけを炒め、軽く火が通ってから野菜を投入してください。

最後に

定番の中華料理、回鍋肉のレシピ紹介でした。
使う調味料の数は多めですが、コクと深みのある味付けなので、満足すること間違いなし、の一品です。
中華料理好きは、是非とも押さえておきたいレシピですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿はスパムと認識されますのでご注意ください。