揚げ焼きでお手軽に☆甘酢ダレが絡む・酢豚

どうも、りょうです。
本日の献立は、中華の王道、酢豚です。
甘酢ダレが食欲をそそります。
そして揚げ焼きでつくるので、大量の油は必要ありません。

それでは早速、レシピを見てみましょう。
揚げ焼きでお手軽に☆甘酢ダレが絡む・酢豚

スポンサーリンク

揚げ焼きでお手軽に☆甘酢ダレが絡む・酢豚

手間: ★★★★☆
時間: ★★★★☆
難易度:★★★★☆

材料 (3人前)

豚肉角切り 300g
☆しょうゆ (下処理用) 小さじ1
☆こしょう 適量
☆酒 大さじ1
☆酢 (下処理用) 大さじ2
☆しょうが 1片
片栗粉 (肉の衣用) 大さじ2
玉ねぎ 1/2個
ピーマン 2個
にんじん 1/2本
たけのこ水煮 50g
しいたけ 2個
★水 50cc
★しょうゆ 大さじ1
★砂糖 小さじ1
★酢 大さじ1
★ケチャップ 大さじ2
★ガラスープ 大さじ1
★片栗粉 (とろみ付け用) 小さじ1


※使用する食材・調味料は、化学調味料を含む添加物が不使用、または極力少ない商品を使用しています。

レシピ

揚げ焼きでお手軽に☆甘酢ダレが絡む・酢豚-レシピ1

しょうがをすりおろし、豚の角切りに☆の調味料をよく揉み込み漬けこんでおく。

玉ねぎをくし型切り、ピーマンは色紙切り、にんじんは乱切り、しいたけは細切りし、よく水切りする。


★の調味料を合わせておく。

揚げ焼きでお手軽に☆甘酢ダレが絡む・酢豚-レシピ2

にんじんは少量の水でボイルする。

フライパンに多めの油を敷く。
肉に片栗粉をまぶし、油が十分熱くなったところで肉を入れ3分ほど揚げ焼きする。
揚がった肉は、別の皿に移しておく。

揚げ焼きでお手軽に☆甘酢ダレが絡む・酢豚-レシピ3

フライパンの余分な油を除き、野菜を入れ炒める。
野菜に火が通ったら、豚肉と合わせ調味料を入れよく絡める。

完成!!

ポイント

肉を軟らかくするコツ

甘酢ダレが絡む☆油で揚げない・酢豚-レシピ4

角切り肉はどうしても硬くなりがちですよね。
そこで今回は、下処理として肉を柔らかくするしょうがのすりおろしで漬けこみました。
時間に余裕がある場合は30分以上置いてください。
時間がない場合は、最初に肉の下処理をし、野菜を切ったり他の準備の間だけでも漬け置くようにしてください。
置く時間が長いほど、肉のたんぱく質が分解され、柔らかくなります。


酢は、焼く時点で酸味は飛びコクだけが残るので、味に影響はありません。

焼き揚げの際の油の温度

焼き揚げの際には、油が十分に熱されたのを確認してから肉を入れてください。
箸を入れ、細かい泡が立てばOK
温度が足りない状態で揚げてしまうと、衣がぺしゃっとしてしまいます。

最後に

甘酢ダレの酸味が堪らない、王道中華の酢豚の紹介でした。
豚肉の下処理~揚げ焼きと手間はかかりますが、一口食べればたちまちその努力は報われることでしょう。
特に特殊な調味料は必要ないので、是非チャレンジしてみてください!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿はスパムと認識されますのでご注意ください。