トローリあつあつ☆本格・中華スープ

どうも、りょうです。
今回は、中華料理に欠かせない、サイドメニューであるスープのレシピです。
具材も数種類使うので栄養素もあり、サイドメニューとしてだけでなく、寒い時期にもピッタリ。
それでは早速、レシピを見てみましょう。

とろとろ☆中華スープ

スポンサーリンク

トローリあつあつ☆本格・中華スープ

手間: ★★☆☆☆
時間: ★★☆☆☆
難易度:★★☆☆☆

材料 (たっぷり3人前)

チンゲン菜 2枚
玉ねぎ 1/2個
しいたけ 2個
たけのこ水煮 30g
900cc
★ガラスープ 大さじ2
★塩 適量
★こしょう 適量
★さとう 小さじ1/2
★しょうゆ 小さじ2
★オイスターソース 小さじ2
★酢 小さじ2
★酒 大さじ1
1個
片栗粉 大さじ1
ごま油 適量


※使用する食材・調味料は、化学調味料を含む添加物が不使用、または極力少ない商品を使用しています。

レシピ

とろとろ☆中華スープ-レシピ1

鍋に水と玉ねぎを入れ、火を付ける。
沸騰したら、しいたけ・たけのこを入れる。

とろとろ☆中華スープ-レシピ2

続いてチンゲン菜を入れ、★の調味料を入れる。
ひと煮立ちしたら火を弱火にし、水溶き片栗粉を回し入れとろみを付ける。
弱火のまま、溶いた卵を回し入れる。
火を止めごま油をひと回し入れたら、完成!!

ポイント

水溶き片栗粉を入れる時と溶き卵を入れるときは、必ず弱火にしてください。
片栗粉は、温度が高すぎると一気に固まってしまい、全体に行き渡らせるのが難しくなります。

また溶き卵も、グツグツ沸騰している中に入れると、一気に固まってしまい、気泡も入り易いです。

なので、水溶き片栗粉も溶き卵も、弱火の状態でゆっくり回し入れるようにしてください。

アレンジ

寒い季節にはしょうがのすりおろしを少々入れると、体が温まっていいですね。
豆板醤を入れるとピリッとしたスープになり、また少し違った味わいになります。
その場合は、塩分が増すので塩の量を減らして調節してください。

またご飯を入れたら、「中華スープ雑炊」になりますね。

最後に

中華料理には欠かせないスープの紹介でした。
水溶き片栗粉はトロトロの食感になるだけでなく、冷めにくくなります。

もっと簡易なスープもありますが、今回は割と手間をかけたスープレシピでした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿はスパムと認識されますのでご注意ください。