夏のお供に☆ゴーヤのツナマヨサラダ

どうも、りょうです。
本日は、ヒジョーに簡単に出来る、ゴーヤを使ったサラダの紹介です。
爽やかなゴーヤの苦みと食感をお楽しみいただけます。
ちなみに、苦味を調節するポイントも抑えてあるので、苦味が苦手な人でも安心!

夏のお供に☆ゴーヤのツナマヨサラダ

スポンサーリンク

夏のお供に☆ゴーヤのツナマヨサラダ

手間: ★★☆☆☆
時間: ★★☆☆☆
難易度:★☆☆☆☆

材料 (3人前)

ゴーヤ 1本
(ゴーヤ下処理用) 適量
★ツナ缶 1缶
★マヨネーズ 大さじ2
★しょうゆ 小さじ2


※使用する食材・調味料は、化学調味料を含む添加物が不使用、または極力少ない商品を使用しています。

レシピ

夏のお供に☆ゴーヤのツナマヨサラダ-レシピ1

ゴーヤはワタを取り食べやすい大きさに切り、塩をよく揉み込んでおく。

ゴーヤを塩が付いたまま軽く湯がき、ザルに上げたら冷水にさらす。

夏のお供に☆ゴーヤのツナマヨサラダ-レシピ

水をしっかり切ったらボールに入れる。
★の食材を入れ、よく混ぜたら完成!!

ポイント

ゴーヤの下茹で時間が長いと色が変わってしまうので、1~2分を目安にしてください。

ゴーヤの苦味

ゴーヤの苦味は好き嫌いが分かれるところかと思います。
苦味が苦手な方は、下処理の塩もみをする時点で、塩と同じ量の砂糖(ゴーヤ1本に大して小さじ1程度)を加え揉み込むことで、苦味を和らげることができます。

ちなみに、「苦味を取る基本は、ワタをよく取る」と言われることがありますが、実はワタに苦味成分は殆どありません
ワタを取る作業は、あまり神経質になる必要はありません。

豆知識

ゴーヤは低カロリーで、ビタミン・食物繊維・ミネラルが豊富に含まれています。
特にビタミンCが豊富で、熱に強く加熱しても壊れにくい性質を持っています。
また、ゴーヤの苦味成分には食欲増進や、血液をサラサラにしたり、血糖値を下げる働きもあります。
まさに美容と健康にうってつけの食材ですね。

最後に

今回は、ゴーヤを使った簡単なサラダのレシピ紹介でした。
食欲がなくなりがちな夏にピッタリ。

苦みが苦手な方は、砂糖の下処理を是非試してみてくださいね。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿はスパムと認識されますのでご注意ください。