フッ素樹脂(テフロン)加工のPTFEとPFOAの危険性

どうも、りょうです。
本日は、フッ素樹脂加工フライパンでよく使われている物質
PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)
PFOA(パーフルオロオクタン酸)
の危険性を紐解いてみようと思います。

フッ素樹脂(テフロン)加工のPTFEとPFOAの危険性

スポンサーリンク

フッ素樹脂(テフロン)加工のPTFEとPFOAの危険性

PTFE (ポリテトラフルオロエチレン)

PTFE (ポリテトラフルオロエチレン)とは

PTFE-化学式

多くのフッ素樹脂加工で使われている物質をPTFE(Poly Tetra Fluoro Ethylene・ポリテトラフルオロエチレン)といいます。
摩擦係数が小さいという特性があり、多くのフッ素樹脂加工フライパンに使われています。
また調理器具以外にも、実際様々な分野で使用されています。

PTFEの危険性

高温になったPTFEは、有毒ガスを発生させることが報告されています。
フッ素樹脂加工をしたフライパンは230℃で粒子が発生し、360℃で有毒ガスが発生します。
このガスにより、「ポリマーヒューム熱」というインフルエンザに似た症状を引き起こす可能性があります。

ただし、加熱していない状態のPTFEの危険性はありません
調理器具から剥がれたコーティング片を飲み込んだとしても、吸収されずそのまま体外に排出されるので、人体に影響はないとされています。

PFOA (パーフルオロオクタン酸)

PFOA (パーフルオロオクタン酸)とは

PFOA-化学式

フライパンの表面にPTFEを接着する助剤として、PFOA(Per Fluoro Octanoic Acid・パーフルオロオクタン酸)が使われています。
これは自然界には存在しない、人工的な化学物質です。

PFOAの危険性

2005年、アメリカ合衆国環境保護庁(EPA)により、PFOAにおける危険性の深刻さが指摘されました。
その有毒物質は体内に蓄積され、ガンの発生や、未熟児奇形児免疫力低下などを引き起こす可能性があるとしました。

また自然界では分解されずに残留すると考えられており、有害物質として環境汚染が危惧されています。

この対策として、アメリカ合衆国環境保護庁は、2006年、世界の主要フッ素化学メーカー8社と連携し、スチュワードシッププログラムとよばれるPFOA自主削減プログラムを開始しました。
これは2010年までに95%削減、2015年までに全廃を目指すものです。
プログラムの内容は以下。

1) PFOA、もしくは分解してPFOAを発生する前駆体物質、およびC8より炭素数の多い類縁物質の、工場から環境中への排出量、製品中含有量の両方について、2010年に基準年比95%削減すること。

2) PFOA、もしくは分解してPFOAを発生する前駆体物質、およびC8より炭素数の多い類縁物質を2015年に全廃することに対する努力を行うこと(Working toward the elimination)を約束すること。


【フッ素化学メーカー8社】
デュポン(現ケマーズ)、3M/ダイネオン、旭硝子、ソルベイ・ソレキシス(現ソルベイ・スペシャルティー・ポリマーズ)、アルケマ、クラリアント(現アークローマ)、チバ・スペシャルティー・ケミカル(現BASF)、ダイキン工業

引用元:DAIKIN「フッ素化学製品におけるPFOA及び関連化合物の製造、使用全廃について 」

まとめ

PTFEとPFOAの危険性についてのまとめでした。
PFOAに関しては世界的に全廃に向けての対策が進んでいるようですが、PTFEに関しては引き続き、有毒ガスへの懸念があります。
フッ素樹脂加工フライパンの使用には、本当に注意が必要ですね。

調理器具は毎日使うもの。
あなたはどう考えますか?


PTFE・PFOAフリー!オススメの鉄の調理器具についての記事はこちら。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓


フッ素樹脂加工フライパンについて、分かり易くまとめた記事はこちら。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿はスパムと認識されますのでご注意ください。