計量スプーンがない場合の大さじ・小さじの量り方

どうも、りょうです。
皆さん、外出先などで計量スプーンがなく、料理をする場面はありませんか?
長年料理をしていて、計量しなくてもカンで分量を決められれば問題ないんですが、普段から計量スプーンを使う方は、目分量じゃ不安ですよね。
そこで。

今回は計量スプーンがない場合の、大さじ、小さじの量り方をご紹介します。
すばり、ペットボトルのキャップです。

計量スプーンがない場合の大さじ・小さじの量り方

スポンサーリンク

計量スプーンがない場合の量り方

ペットボトルのキャップは規格が統一されていて、約7.5cc入ります。
つまりは・・・

大さじ

計量スプーンがない場合の大さじ・小さじの量り方-大さじ1

大さじ1杯の量は15ccです。

ペットボトルのキャップ2杯分が大さじ1杯です。

子さじ

計量スプーンがない場合の大さじ・小さじの量り方-小さじ1

小さじ1杯の量は5ccです。
キャップの内側にあるスクリューの一番上の線の部分まで(2/3)が、小さじ1杯です。

ティースプーンでの測り方もあるんですが、ティースプーンは統一の規格がある訳ではないのと、すりきりではなく山盛りでの測定なので、ペットボトルのキャップと比べると精度は低めです(特に大さじの場合)。
なので、やはり手に入れやすいペットボトルのキャップのみを紹介させてもらいました。

まとめ

大さじ1 = ペットボトルのキャップ2杯分
子さじ1 = ペットボトルのキャップ2/3

外出先などで計量スプーンがない場合などに、是非参考にしてみてください。
ペットボトルのキャップは簡単に手に入るので、重宝するかと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 沼舘敏光 より:

    ペットボトルの量は?500?

    • りょう より:

      コメントありがとうございます。
      基本的に日本に出回っているペットボトルは、500mlも1.5Lも小さいものも、キャップは規格が同じです。
      つまり、どれでも大丈夫です。
      ただ、最近出てきたエコな容器のものは、規格が違うのでご注意を。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿はスパムと認識されますのでご注意ください。